土日のキャッシング事情レポート

土日でもキャッシングを利用したい方へ贈るアレコレ

月別: 2016年11月

レイクのカードローンのおすすめの申込方法

Published / by doara

かつては大手消費者金融として有名だったレイクですが、現在では新生銀行のカードローンサービスとして総量規制対象外のカードローンの取り扱いをしており、世の中の多くの人の生活の助けとなっています。最近では多くの金融機関が、利用者がより気軽にカードローンの申し込みができるようにと、スマートフォンからの申込に対応していますか、中でもレイクは専用のアプリの配信まで行っていて、スマートフォンからの申込のしやすさは業界屈指となっています。スマートフォンから申込をするとどのようなメリットがあるのかなどについて解説をしていきます。

まずアプリ契約で申し込むメリットですが、24時間365日どこにいても申し込みができることや、契約に必要な本人確認書類をスマートフォンのカメラで撮影し、そのままアプリから提出できるという点に優位性があります。

また申込から契約まで来店不要で行うこともできますし、申込をした当日中に振り込みでキャッシングをおこなうこともできます 。

申込はアプリの専用フォームから行い、審査通過後に振込先情報の登録と必要書類の提出を行うことで、契約ができますし、すべて自宅や職場からできるので、急いでいる場合でも便利に申し込みができるのです。

おまとめローンの活用法と業者選び

Published / by doara

キャッシングには、複数のサービスを利用している人が一本化を図るのに使えるサービスが用意されています。

一般的に、おまとめローンという名称で消費者に提供されており、消費者は現在利用している複数の金融機関や金融会社のカードローンやキャッシングで借りたお金を一括返済する為のお金を借りる事が出来ます。

現在の債務を一括返済でき、キャッシングの契約をする会社を一つにする事によって、利用者は毎月一定額をその会社に返済していく事になります。

キャッシングは、限度額まで原則的に用途を問わずに使う事が出来ますが、おまとめローンは主に複数の債務を返済する為に貸し出されているお金ですので、キャッシングほどの自由度が無い事に注意する必要があります。

自由に使いたいという場合は、カードローンやキャッシングを利用し、返済を重点的に行いたい場合には、おまとめローンを利用するといったように使い分けをする事が重要になってくるでしょう。

レイクの無利息キャッシングについて

Published / by doara

新生銀行カードローンレイクでは、銀行カードローンということで総量規制対象外でキャッシングができることに加えて、初めてレイクのカードローンを利用する人を対象として一定期間無利息でキャッシングができるというサービスを実施しています。無利息キャッシングを受けるための条件がどのようになっているのかや、無利息キャッシングの詳細れどのようになっているのかなどについて解説をします。

まず無利息キャッシングの適用条件ですが、初めてレイクのカードローンの利用することが条件となっています。無利息期間については契約時の利用限度額によって決まり、利用限度額が200万円を超える場合には金額に関係なく30日間の無利息キャッシングができ、利用限度額が200万円までの契約の場合は、先に紹介した無利息期間か5万円までのキャッシングが180日間無利息期間できる無利息期間かのどちらかを選ぶことができます。

なおどちらの無利息期間についても契約日の翌日から無利息期間が適用開始となります。

銀行系カードローンと消費者金融。

Published / by doara

カードローンの入り口っていろいろあると思うんです。よくCMやっててポイントたくさんもらえるらしい楽天カードとか、あとは大手スーパーのイオンカードとか、こういうものにもキャッシング機能が付いていることがほとんどなので、そこからキャッシングを利用する人もいるでしょうし、メガバンクだったり自分の地元の地方銀行だったり、そうしたところから融資を受ける人もいるでしょう。

それから消費者金融でキャッシングするという方法もあります。消費者金融が一番CMをやっていて、馴染みのある人も多いかもしれません。大抵、大きな銀行が後ろ楯になっていることが多いので、倒産なんて心配は杞憂ですよね。消費者金融が一番手軽ってイメージが私にはあるんですが、その最大のメリットは「速さ」です。

最短で即日融資、申し込みが遅くなっても翌日までには審査結果を通達してくれます。銀行のローンだと審査にだいたい二週間ほど要するらしいので、その差は歴然です。大抵、急な出費が発生しちゃいますもんね。急いでいるときは消費者金融系がおすすめです。

プロミスの審査について

Published / by doara

キャッシングの新規審査通過率を見ていると、大手消費者金融三社の内、アコム・アイフルが40パーセント後半なのに対し、プロミスは40パーセント前半になっています。この大手三社に違いが出ているのは何故なのか考察してみます。

大手三社の違いは、プロミスだけ三井住友銀行の100パーセント子会社になっている事です。(アコムも三菱UFJグループの子会社だが100パーセントでは無い)更に、プロミスは銀行カードローンなどの金融機関向けの保証業務の成長が目覚ましく、保証業務に人的資源や資金を振り向けているようです。

保証業務をより積極的に行えば、とれるリスクは金融グループの100パーセント子会社になっていますので、本業であった貸金業に向けれるリスク許容量が削られている可能性があります。

その事がプロミスと他二社の審査体制に差を生んでいる可能性があります。

何にせよ、何か資金が必要なときは、あえて審査の厳しいプロミスは避けた方が無難でしょう。