土日のキャッシング事情レポート

土日でもキャッシングを利用したい方へ贈るアレコレ

タグ: カードローン

楽天銀行スーパーローンの審査基準について

Published / by doara

楽天銀行スーパーローンはネットですべての手続きをする事が出来るので利便性の高いカードローンですが、審査が可決されないと利用する事が出来ないので審査基準をしっかり把握しておく必要があります。そこで楽天銀行スーパーローンの審査基準について見ていく事にしましょう。

・年齢は20歳以上62歳以下が条件

銀行カードローンの審査基準で年齢は20歳以上65歳以下になっている事が多いですが、楽天銀行スーパーローンの審査基準は20歳以上62歳以下になっています。上限年齢が他の銀行カードローンより低くなっているので注意しましょう。

・安定した収入があり返済能力がある人

銀行カードローンの審査基準は安定した収入がある人となっている事が多いですが、楽天銀行スーパーローンは返済能力がある事も重視します。安定した収入があっても他社からの借入額が多くて返済能力がないと判断されたら審査が否決されてしまいます。楽天銀行スーパーローンを利用する時は安定した収入があるだけではなく返済能力もある状態にしておく事が大切になってきます。

・日本国内に居住している

楽天銀行スーパーローンは日本国内に居住している事も審査基準になります。日本国内に居住している外国籍の人は永住権を持っている事が条件となります。

レイクのカードローンのおすすめの申込方法

Published / by doara

かつては大手消費者金融として有名だったレイクですが、現在では新生銀行のカードローンサービスとして総量規制対象外のカードローンの取り扱いをしており、世の中の多くの人の生活の助けとなっています。最近では多くの金融機関が、利用者がより気軽にカードローンの申し込みができるようにと、スマートフォンからの申込に対応していますか、中でもレイクは専用のアプリの配信まで行っていて、スマートフォンからの申込のしやすさは業界屈指となっています。スマートフォンから申込をするとどのようなメリットがあるのかなどについて解説をしていきます。

まずアプリ契約で申し込むメリットですが、24時間365日どこにいても申し込みができることや、契約に必要な本人確認書類をスマートフォンのカメラで撮影し、そのままアプリから提出できるという点に優位性があります。

また申込から契約まで来店不要で行うこともできますし、申込をした当日中に振り込みでキャッシングをおこなうこともできます 。

申込はアプリの専用フォームから行い、審査通過後に振込先情報の登録と必要書類の提出を行うことで、契約ができますし、すべて自宅や職場からできるので、急いでいる場合でも便利に申し込みができるのです。

銀行系カードローンと消費者金融。

Published / by doara

カードローンの入り口っていろいろあると思うんです。よくCMやっててポイントたくさんもらえるらしい楽天カードとか、あとは大手スーパーのイオンカードとか、こういうものにもキャッシング機能が付いていることがほとんどなので、そこからキャッシングを利用する人もいるでしょうし、メガバンクだったり自分の地元の地方銀行だったり、そうしたところから融資を受ける人もいるでしょう。

それから消費者金融でキャッシングするという方法もあります。消費者金融が一番CMをやっていて、馴染みのある人も多いかもしれません。大抵、大きな銀行が後ろ楯になっていることが多いので、倒産なんて心配は杞憂ですよね。消費者金融が一番手軽ってイメージが私にはあるんですが、その最大のメリットは「速さ」です。

最短で即日融資、申し込みが遅くなっても翌日までには審査結果を通達してくれます。銀行のローンだと審査にだいたい二週間ほど要するらしいので、その差は歴然です。大抵、急な出費が発生しちゃいますもんね。急いでいるときは消費者金融系がおすすめです。

カードローンは銀行か貸金業者かどちらがいいか

Published / by doara

カードローンのサービスを提供する金融業者を大きく二つに分けると、銀行と消費者金融や信販会社などの貸金業者に分けられます。銀行系の金融業者は銀行ではありませんので、貸金業者に入ります。

一般的には、銀行のカードローンは金利が低く抑えられている替わりに審査が厳しい傾向にあり、貸金業者のカードローンは審査は厳しくないものの金利が高めであるといえます。金利を取るか、審査に取るかということになりますが、金利が低く抑えられているということは利息が少なくなりますし、そのことによって総返済額や返済期間を抑えることも可能ですので、まずは銀行のカードローンを優先すべきです。銀行のカードローンの審査に通るかどうかはそれぞれの銀行のサイトの簡易審査を利用すればある程度知ることができますから、簡易審査を利用して審査に通りそうな銀行のカードローンがあればそのカードローンを利用しましょう。

どの銀行のカードローンも審査が厳しいとなれば次に検討すべきなのが、貸金業者のカードローンになります。もちろん貸金業者のカードローンであっても優先して検討すべきなのは金利をなくべく低く利用できそうな貸金業者のカードローンであることは言うまでもありません。